ご挨拶

メッセージ

「食をも芸とあらわし術(すべ)とする」すなわち「食は芸術」
先(さき)の主(あるじ)「廣岡揮八郎」はこの「食は芸術」という4文字に宇宙規模以上の壮大なイメージを描き、その先にある「お客様の納得とは?」を
今日に至るまで自問自答して参りました。
1981年の創業以来、たくさんのお客様のご愛顧、
また熱意溢れる素晴らしい人材に恵まれまして
今日まで納得の味わい、心寛ぐサービスの追求への
大きな力となりました。
そして2020年の創業40周年を迎えるにあたり、
先の主「廣岡揮八郎」より引き継ぐ事と相成りました。
穏やかならぬ世情の波のなか、
私たち食品製造や飲食業は難しい
舵取りをしていかなければなりません。
先の主より受け継いだ技術や経験をさらに磨き上げ、新しいモノ・サービスの創造。
そして更なる技術向上を掲げ、お客様と我々が一体となり感動を作り出し、末永く皆様に愛される唯一無二の存在を
目指していきたいと思っております。
これからも「食は芸術」の理念を極限まで
高められるよう邁進して参ります。
「食は芸術」
三田屋の『食は芸術』に込めた想い。
それは、「料理」や「器」に限らず、お客様が芯から寛げるスペースやサービスを愉しんでいただくことです。
私たちはどんな世の中になろうとも、「物造り」を忘れず、より多くの皆様へ大切にお届けしていきます。
「愉しい食卓」「健康で生き甲斐ある人生」の
優れたサポーターとして、私たちは使命を感じながらさらに味覚を磨き上げて「食は芸術」の域に高めたいと精進いたしております。

こだわり

料理へのこだわり
三田屋のコース料理は廣岡揮八郎のアイデアが
随所に散りばめられています。
食肉のエキスパートが厳選した
神戸牛・国産黒毛和牛のステーキはレアのまま、
新鮮なお野菜と一緒に熱々の南部鉄の
鉄皿にのせてご提供し、
お好みの状態まで焼いていただけます。
ハムオードブルは熟練の職人が丹精込めて
手燻した特製ハムを使用し、
オニオンスライスに生野菜ドレッシングをかけて
ハムで包むようにしていただく
三田屋ならではのスタイルです。
内装へのこだわり
お客様が心から寛げるよう、
広々とした空間創りをしています。
グランドピアノを配置、
耳心地の良いピアノの音色、
ひと際目を引くインテリア、
そして食欲をそそる香しいステーキコース。
すべての感覚が心地よくいられる寛ぎ空間へと
こだわりました。
それぞれの店舗にしかない
廣岡揮八郎快心の内装を是非、
肌で感じてください。
サービスへのこだわり
①Cleanliness(明るく清潔に)
②Smile(魅力的な笑顔で)
③Healthy(健康で安心・安全な食材)
④Satisfaction(満足いただけるご提供)
⑤Price(納得いただける価格)
この5つのホスピタリティをかかげ、
廣岡揮八郎の理念「食は芸術」を体現するため、
お客様の様々なニーズにお応えできるよう
スタッフ一同目指し、
感動を作り出すおもてなしをいたします。

ハム創りの職人として
情熱をかける

おいしい食べ物が持つ二つの特色、
それは「艶」と「清澄」です。
おいしい食べ物には調理加工し出来上がった姿そのものにも
「艶」があります。
そして食べ終わってからももう少し、
というさらなる食欲をかきたてるもの、
それはおいしい食べ物だけが持つ「清澄」感です。
艶のある、清澄のある食べ物づくりのために
私は全身を自然に添わせて励んでおります。
名声よりも品質…を固い信念として…。
  • 自分の裁量、寸法に見合った量だけつくります。
  • 納得の味に仕上がったものだけを出荷します。
  • いつも新鮮であるために、つくり溜めはいたしません。
  • よい素材選びに最長の時間をかけます。
    素材が悪ければどんなに良い腕があっても美味・真味は引き出せません。
  • 「塩」の取扱に神経を集中し、「いい塩梅」に仕上げます。
  • 「熟成」に必要な時間をじっくりと待ってやります。