三田屋社主 廣岡揮八郎
専用釜で手燻中の廣岡揮八郎

手燻「揮八郎ハム」はマエストロ廣岡揮八郎の「天賦」と「経験」と「汗」の技の結晶

研ぎ澄まされた五感。
天賦と経験と汗の結晶でありましょうか。手燻「揮八郎ハム」は、三田屋主かつ職人である廣岡揮八郎が日々のハム造りの体験の中から見出した独自の製法による「特別のハム」であります。素材選びから、素材の味を10倍にも引き立たせるという「塩漬」の作業、そして熟成から燻煙へと、それらをひとりつきっきりで仕上げたのが、手燻「揮八郎ハム」なのであります。
 燻煙は揮八郎専用の古い旧式小型の手作り窯で作業されます。桜のチップを右に左に、あるいは大きくあるいは小さく煙の量を加減しながら納得のいくころあいまで燻煙いたします。作業のすべては揮八郎のカンによります。旧式の窯でつきっきりの手作業をいたしますので燻煙が終わると揮八郎自身、ハム同様に燻煙されてでてきます(?)。
 燻煙の真髄はこの一体感にあるのでありましょう。従ってこの「揮八郎ハム」は大量には造ることができません。本当に美味しいものはこうして職人自らが手塩にかけて造り上げたものに限られるのでありましょう。
三田屋の揮八郎ハム 三田屋揮八郎ハムパッケージ

廣岡揮八郎のハムのおいしい召し上がり方

三田屋ハムオードブル

「廣岡揮八郎のハム」の美味しい召し上がり方は、左の写真のようにハムをできるだけ薄くスライスして盛りつけ、十分に晒したオニオンスライスを添えたその上から生野菜ドレッシングをたっぷりかけて頂きます。
口当たりも大切な味覚のひとつです。
ドレッシングのかかったオニオンスライスをハムに添えるようにして召し上がって頂きますと、まろやかでコクのある絶妙の美味しさを味わっていただけます。

PAGETOP